東京サマーランド/東京都:旅行、観光地、ホテル宿泊施設情報!


東京サマーランド:東京都の観光地・遊び場


東京サマーランド
住所 東京都あきるの市上代継600 地図 MapFanWeb
tel 042-558-6511(サービスセンター)
開館時間 10:00〜17:00 ※季節によって変わります
休館日 毎週木曜日(学校の休み期間、祝日は開園)、7月〜9月は無休
入館料
種類 時期 大人 子ども 幼児・シニア
入園券 通常(7/1〜9/30をのぞく) 2000円 1000円 1,000円
夏季(7/1〜9/30の期間) 3500円 2500円 1800円
フリーパス 通常(7/1〜9/30をのぞく) 3500円 2200円 1500円
夏季(7/1〜9/30の期間) 4500円 3000円 2000円
※おとなは中学生以上、こどもは小1〜小6年生まで、幼児は2才〜小学校未就学まで、シニアは61才以上となります。
アクセス JR中央本線・京王線「八王子駅」から路線バス約30分「東京サマーランド」下車
JR五日市線「秋川駅」から路線バスまたはタクシーで約5分
駐車場 1日1200円  約5000台
公式HP 東京サマーランド
レストラン・売店 あり
 

みどころ
1年中楽しめるアドベンチャードーム(屋内ウォーターエリア)
アドベンチャードームは季節・天候に関係なく一年中真夏の気分で楽しめるプールです。
「コバルトビーチ」は入口に広がるメインプールで、約1時間に1回、大波を楽しめます。波はかなり迫力があります
「軟水ジャグジー」では南国の雰囲気の中で遊び疲れた身体を癒せます。
「フルーツアイランド」はバナナやスイカなど、たくさんの果物をモチーフにした幼児用のスライダーや噴水などがあり、 子どもが安心して楽しめます。
「ロックビーチ」は頭上の大樽から600リットルの水があふれ落ちてきたり、ジェット噴水、トンネル遊びなどいろいろ遊べる水遊び ビーチです。
その他にも楽しめるものがたくさんあります。アドベンチャードームの地下には水着でくつろげるリラクゼーションエリア 「湯遊大洞窟」もあります。

夏はやっぱり屋外のプール(屋外ウォーターエリア)
アドベンチャーラグーンは屋外のプールのことです。
ここの目玉は最大斜度60度を滑り落ちるフリーフォールスライダーです。暑さも吹き飛びそうな恐怖を味わえます。 チューブの中をボートで滑りおりる「スクリーマー」もあります。もちろん小さな子どもが楽しめるエリアもあります。 仕掛けがいろいろプールにしてあってあきません。また、水着でO.Kのアトラクションスポットもあります。
遊園地ゾーンの「スリルマウンテン」には垂直落下型コースター「フリーフォール」や竜巻きコースターの「トルネード」 などの超過激なものから大観覧車「スターホイール」などのゆったり系のものまであります。

ポイント
夏のプールシーズンは駐車場が混みます。時間に余裕を持って出かけることをおすすめします。東駐車場(正面)が いっぱいになると西駐車場に停めなければなりません。西駐車場になるとセサミプレイス付近なので、 シャトルバスに乗らなくてはいけなくなります。けれども西駐車場の近くには、あじさい園や東京ムツゴロウ動物王国もあります。



東京都の観光地・遊び場
東京サマーランド
しながわ水族館
サンリオピューロランド
多摩動物公園
町田リス園
多摩テック
国営昭和記念公園
電力館
サンシャインスターライトドーム満天
神代植物公園
ビルド・ア・ベア・ワークショップ
足立区生物園・元淵江公園

旅行、観光地、ホテル宿泊施設情報!のトップページにもどる